アンダーチューナーはやはり。メカボックスを彷彿させていた。

アンダーチューナーはやはり。メカボックスを彷彿させていた。

『SEV;アンダーチューナー』はやはり。
メカボックスを彷彿させていた。

今までオイルパンに貼っただけで
クランクシャフト迄効果を及ぼすのは

SEV;クランクC1&C2』 だけだったのが
この秘めて力を大きく超える事が出来た。

12

後はリンクに並ぶ力、それでも
SEV
メカボックス気体・個体・液体まで効果を発揮、

そして、電気にも力を及ぼし
応用
範囲が非常に多く色々なセッティング
活躍してきた

WFN_SEV MechaBox A
 
 私はSEV製品の中で
一番凄いと思っているのは

開発に2年もの月日を

重ね出来上がったのがSEVクランクシリーズ

crank


SEV技術の照射作用が搭載された
1番の製品だと今想う

そしてC1&C2で合わせて600個仕入
完売させた実績を持つ実力

エンジンに2set、ミッションに1set、計6個利用

 以前関西のショップ
こんなエピソードがあった

BMW/E46系M3で2set/計4個装備して
使用前と装着後にエンジンレーシングを行ってもらった。

すると『全然変わらへんで❣』
となかば怒っているオーナー
劇的なパワーを出す事ではなく
あくまで滑らかさが変わる事

エンジンの真円のように
綺麗に廻ることを告げると

再度エンジンレーシング
ホンマや❣BMWのアルピナの様な真のシルキーエンジンに変わった❢』
と大喜び、

そのまま試運転して、帰ってくると
エンジンパワーバンドが広くなり
発進トルクが目覚ましく上がっている❢

M3なのにアルピナの様なエンジンフィール
と大喜びしていたことを思い出す。

これは回転するクランクシャフト
圧縮と爆発時にひずまなくなり

4
エンジン回転の反作用が
取り除かれることが起因と推測できる。

また、コンロッドにも影響しゆがみが
低減するとも、推測できる。

5
そしてこの重要な働きがピストンの
フラッタ現象も抑え、スカッフ減少にも効果を与える。

コンロッド合成が上がれば、ピストンブレズに上下運動をおこなえ、
シリンダー内を傷つける事がなくなれる】
1
すなわち、エンジン保護にとても良い
と言う役割を行っている。

DS4_装着 S1_装着
今回テストした2台はいずれも
SEV;クランクC1&C2を2set/計4個
ついているにもかかわらず

その上の効果を発揮できた。
急遽借りたものだから2個しかなく

この上のテストはおこなえていないが
3個目を上か下に着けてどうなる物かを
早く見たいと、
ワクワクしてしまう

SEVアンダーチューナー背景白 1個

 その他の応用として、ハイパワーエンジン装備の
車にもミッションにSEV;リンクシリーズの他

このSEV;クランクも多く装着してきた。

何故ならスカイラインなどでは
あまりミッションが壊れなくとも

シルビアで同じ馬力を出そうものなら
ミッション壊れてしまう。
 
エンジン回転は常に右回りが標準で

トルクアメ車では起こりやすく、
エンジントルクに寄る車体のねじれが発生する。
 
 EX)以前知り合いに乗せ貰ったACコブラ
普通に路面の良い道でもアクセル踏み込んだ途端、

リヤタイヤが沈み込み
車体がゆがむのを身に染みて体感した。

ミッション⇒プロペラシャフト⇒デフ=>リヤシャフト⇒タイヤと伝わるねじれる力、
リヤタイヤがそれを受け止め車体がねじれるという事、

そこでシルビアミッション
86等同じくらいの普通のミッションサイズ

それに比べスカイラインランクルなどと
同じくらい大きなミッションサイズ

シャフト軸の太さ、シャフトサイズの長さ、
ギヤサイズ厚みも変わってくる、

シャフト軸の長さがテコの原理で長さの短い物の方が
大きな力では応力に負けやすい。

だからシャフト折損が起こる確率が非常に高かった。
自動車メーカーで駆動系に対する対応馬力は、

JIS規格で1.3倍、メーカー規格で
1.5倍しかない事も知っていてほしい、

シルビアS15で250馬力だと、
ミッションの限界馬力は375馬力が通常、

スカイラインR34では280馬力で、
ミッションの限界馬力は420馬力となるのだが、

車が跳ねた時やサーキットゼブラゾーン等で
瞬間的にタイヤが浮き、
瞬時に着地した時に
模様する極地圧着力はその上を行き、

400馬力前後でシルビアは限界域を
大きく超えてしまうので壊れてしまう。 
SEVを装着したら絶対壊れないとは言えないが、

このブレによる破損防止に
SEV クランクを要していた。

発売記念イベントポスター_アンダーチューナー
今回は此処にSEVアンダーチューナー
大いに役立つことと想う。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>