『4月9日・10日、はSEV:ボディーオン/S 発売記念・体感イベント開催致します。』

『4月9日・10日、はSEV:ボディーオン/S 発売記念・体感イベント開催致します。』

今回の新製品❗は、センターオンの考えを更に飛躍させ、
相乗効果を計っているのが、SEV BODY ON S

 BodyOn_Poster

またシャーシの稼働をスムーズにさせる
目的が一層高まる様になっていた。

SEV;センターオン/リミテッドの横に装着して更に
効果が飛躍的に変わることも確認、

以前より言っている。『プッアーなシャーシは乗り心地を悪にする。』

と言うことは車はハンドルを切って向きを変える
その時シャーシ剛性のない車は一旦ねじれが起こってから

【剛性のない車ほど大きく捻れる】

サスペンションが動いてから、ハンドル作用が働く・・・、
とすると2・3テンポ遅れて反応/動差し出す。

また、乗り心地の点でも、
この遅れとショックの動きとのバランスが
ずれているので衝撃が吸収できない・・・、

と言うことが起こり易い、
特にモータースポーツのように硬めのサスペンションを
装備したノーマル車両のシャーシ剛性は不足では起こり易い

EX)86・BRZなど初期型(A型)は
Dポスト付近から足回りを変更した車ほど異音が出てくる

B型→C型と進化し、ボディー剛性がと一体感が
生まれ、更に音が少なくなる工夫されている。

パネルの接合方法に進化があるので
この点も改善してきている。

『スポット溶接に付け加え接着剤による
インナーパネル&アウターパネルの密着性を向上させ、

シャーシが剛性を上げ運動性能の向上とパネルの
振動・異音防止にも役立つようになった。』

理想のシャーシとは堅いのに捻れる力を
保持していること、いたずらに
シャーシ補強パーツを身にまとうと

ねじれを吸収できなく、異音を発しやすい
と言うこと理解して頂きたい。

ベンツの様に優れたシャーシを保持していても
SEV   BODY ON Sを装備して変化を味わえる。

因みに一番固いを選択しても
嫌な突き上げが起こらなかった。

簡単なSEV  BODY ON Sの確認方法は
【装着前に】路面の悪い道路を30km/h程度で走ってみて、
凹凸の多きところの変化をしっかり把握

【ガッツン・ガッツン❗左右への揺れ返しと衝撃など
マンホールの上をわざと走ったり、路面のつなぎ目など、】

その後、SEV BODY ON Sを1ケ装着の時
『理想はATレーバー~センターコンソール内の中で』
ご自分の車の弱点が見えてきますよ。

『車とは40km/h以下の凹凸吸収が非常に難しい、
そして国産・外車ともに格段に向上した脚周りを持つが

乗り心地で凹凸の縮み側の吸収は凄く良いのに比べ
伸び側では手を一気に離したようにな

【 ドッスン ❗ 】と大きな衝撃が起こる。
(BMW・三菱アウトランダー・Audi等で確認)

大切な物は、ボディー剛性と脚周りのしなやかさ
剛性を高めながらのボディーをいなす

この効果 SEV BODY ON S をお楽しみください。

まだまだお伝えしたいこと一杯有ります。
引き続き宜しく願います

ディーラーで車検対応のサスペンションも開発してきましたし
街乗りの悪い車はもってのほか、でも乗り心地はノーマル以上

そう言う事してきたので・・・お楽しみに、(*^_^*)v

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>