『肝の気 春 / かんのき』 春は陽気に楽しい季節…(*^_^*)と思っていた.

『肝の気 春 / かんのき』 春は陽気に楽しい季節…(*^_^*)と思っていた.

『肝の気 春 / かんのき』

 DC061

春は陽気に楽しい季節…(*^_^*)
と思っていた自分だが5月病や
精神的に落ち込みしやすい

季節でもある様子
最近、日中にも拘らず強い

睡魔に襲われることも
数多い・・睡眠不足?

でも其れだけでは片付かない…
精神的な事も加味しているようだ

冬の寒さに冬眠していた
動物たちは春に目覚め

草花は雪の下から
今や遅しと待っている。

淡水魚も水の底で泳ぐことも
食べる事も止めじっと我慢して
やり過ごしひたすら春を待ち

そして春の訪れから
草木は一斉に芽吹き草花を咲かせ

動物たちは生命活動を
一生懸命活性し淡水魚は
産卵に育み、まさに躍動の春❣

DSC_0555c

『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』

この歌は、古今和歌集の
在原業平が詠んだものです。

本来春は、のどかな季節で
あるのに人は桜が咲くのを

心待ちにし、桜が散るのが
気になりいたたまれず
落ち着きません。

桜があるために人々の心が
穏やかでない!ことを述べて

人の心を騒ぎ立てる力のある
桜の素晴らしさを逆説で
伝えようとしている代表的な作品、

 00720457

時は丁度今頃、立春の頃の
『三寒四温』で寒さ・暖かさと
低気圧と高気圧が交互にやってきて

自律神経を乱し、
ようやくそれを乗り切ると

桜が咲いたと気分は
高揚し気分もノリノリのはずが

また桜の花も散り気分が
一つのイベントが終わった
時の様な琴切れたタイミングで

寒の戻りに遭い

春の目覚めから慢性化した
身体に自律神経がヤツレ

経たる時に色々と社会的な
不安・個々のストレスで

肉体的・精神的に複数の
不安定な状態が重なり
体調不良を起こしやすい時季です。 

よく言われているのが、「頭痛」で
特に女性の片頭痛が起きやすくなります。

肩こり、めまいなどが強く出てくる

こともよく知られています。

「昔負った古傷がしくしくと痛む」

というような肉体的な変化が
生じる人もいるでしょう。

 また、非常に体がだるくなったり
強い眠気に襲われたりするといった

意欲の減退やマイナス思考などの
「精神面」に関わる症状で

鬱々な気分になる
可能性もあります。

世の中コロナ禍でもあり
皆に不安を強要する

そんな状況ですから
呼吸法を整えたり

適度な運動で心身を
リフレッシュさせる。

210115_9992

そこで私が想うに
『SEVシーカーTi』
一番おすすめです。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>