自動車系SEV

取り外し!と再生

こんにちわ、こんばんわ!
やはり、今年はお客様の車両乗り換えが多いようです。

DSCF4010

先日もスバル レガシーのSEVの取り外しを行いました。
15年分位のSEVですね、古くて壊れてしまったものもございますが
使用出来るものはすべて外しました。

DSCF4198

ステージ1の排気はもの凄くボロボロですが
まだ使えるようなので一応外しました。

15年分のSEV製品こちらを使用して 
次の車両も快適に乗って頂きたいですね。


シーズン!

こんにちわ、こんばんわ!
梅雨入りしたか?と思いきや、今日はカラっとした天気ですね
もう、夏が近く感じますね。

そこで、オススメのSEVがこちら!
SEV エアーベストnano ブラック+
エアーベストnanoの限定バージョンです。

sev_air_best_nano_black+_1

ブラックは、人気がある商品なので
当店では、ある程度ストックをとっておきました。

DSCF2487

店舗の扇風機やエアコンにはほぼ!付いていますね。

エアーベスト nano 自体も
マイナーチェンジがかかっていると思いますが
やはりブラック+の体感度は高いですね。

扇風機があれば色々な面白い事が出来ます。

AirBestnano_TEST (11) AirBestnano_TEST (10)

住宅環境で使用してもよし!

普段からご自身で使用される車に装着しても
良しと幅広く、装着出来る部分も魅力的ですね!

エアーベストnanoが出た当初は
自動車系 SEVとして扱われておりましたが
SEV 元気モビリティ が登場した辺りで

SGM ロゴ

元気モビリティ製品に変わりました。

運転を快適にサポート出来るのは勿論ですが
車内空間の空気が澄んだ感じになると
お客様からも喜ばれております。

商品説明

なかでも、面白いのが芳香剤をよく使用される
お客様が娘に芳香剤が臭いと指摘されて
こちらに装着を変えられた事ですかね

芳香剤と違って長い間使用可能でメンテナンスフリー
ずっと使えるという所はSEV エアーベストnanoの見所です。

SEV エアーベストnano シリーズ
何個あっても困らないSEVと言っても
過言で
はない商品です。

シャーシ剛性に対する一考、

シャーシ剛性が高まると、どんな恩恵が生まれのか・・・?

Hundorinng by SEV

⋆ハンドリングがシャープになる、
⋆路面の追従性が良くなる
⋆路面からの悪影響が少なくなる【悪路走行時】
⋆サスペンションが素直に動く、

 車とは精密な部分とプゥアーな部分で組み合わせてあり、
このプゥアーな部分で色々な意味で逃げを作っている。

この事がレーシーな走行の邪魔な存在にもなるのだけれど、
市販車の様に万能に道を選ばないで走行しなければいけない時、
この部分もかなり重要な要素になって居る事は否めない、
 tsukuba_sev1st

 サーキットの様に段差5㎜以内の綺麗な路面を走行し、
60km/h以下で殆ど走らない時は、
硬いサスペンション・ショックアブソーバーを入れていても苦にならないのだが、

DSC_0970c
一般道の様に路面の段差が15㎜位平気あって、
それが連続する事もしばしば、

そこを40~50㎞/hで侵入すると信じられないような、
衝撃が車体に入り不快極まりないと言うのが現状である。
 
 ボディー剛性の補強、

色々あるボディー剛性補強方法、
レーシングカー・ラリー車、競技用での補強はとても参考になるのだけれど、
やはりそのツケは車両に廻ってくる。

ロールゲージ・シャーシスポット増しetc・・・、
 
 最近車両では良く判らないが、

これらを施して強化サスまでを入れた車両で
1シーズンラリーなど競技を行った車両では、
フロントサスペンションのアッパーマウント付近のシャーシに

良くクラックが入り割れてくる。

そこで補強溶接を施すと、
そのストレスはシャーシから逃げることが出来なく、
近い位置に同様にそのクラックが入り、

やはり、ダーメージを与える結果になる。

先輩のシビックでは筑波2000を攻めている車では、
ドアーとフェンダーに20㎜位の隙間が出来ていた。
笑い話のようなことが実際に起こる。【以前話だが】
 
 最近ではストラットタワーバー&シャーシブレースの両面を利用した補強車両が目立って来ています。

路面の綺麗ない処ではそのデメリットは皆無なのかもしれないですが、
コーナーの侵入手前でうねって荒れた路面の時、
適切な荷重移動を試みることが出来なくサスペンションが跳ねて、

上手くトラクションを伝えられなくなってしまう事が起りえます。

【良い車の動きの実例はWRC等最近の動画を見ると良く判りますのでご参考下さい。】
跳ねてしまうサスペンションの場合は、ボディー剛性アップの前に、
サスペンションの接地仕様から一考ください。
 
 SEVでボディー剛性を高める・・・?

SEVホイール実験

写真の真鍮棒の動きが、SEVホイールを貼った部位で変わる、
この支点作用点の変化がボディー剛性を変化掛ける仕組みで、
この棒を立体的に組み立てたのが、

簡単なシャーシの構造と想像して頂ければ、
その変化もイメージしやすくなると思います。

Fe_シャーシ構造

最近はSEV;センターオンでこの効果を高めています。

 01 IMG_7913

SEVホイールだとパネル表面にしか効果が伝わらない、
効率よくしっかりSEVの効果を体感するために出来たが、
SEV:センターオンで、初めての開発は、

とあるレーサーからの提案でした。
 
86 86c

長距離レースの場合、燃料タンクが大きく、
満タン時と空に近い時では、リヤタイヤに伝わるトラクションが変わる、
そこで室内から置く場所を変更するだけで、

そのトラクションを安定させたい、
と言うのが開発のコンセプトになり、
レースに置いても大きな効果を発揮したようです。
 
それから2世代の変貌を化して、限定品・プレミアム製品の4種に発展し、

SEVPrm_CentorON

現在はシャーシに置くだけではなく、

IMG_5080 ダッシュON_b dash on f_01

ダッシュボードの上でも効果を発揮する製品までの発展を兆して、
今現在のラインナップに広がっており、
仕様効果が少しづつ違う事で、

その応用方法も幅広く利用できるのです。
ボディー補強で私の一番思う処は、
 シャーシがいなす力を持っていて、
  部分的な強度アップするのではなく、
   全体で荷重を受け止めてくれる、と言う事。

 そこには、SEVの働きが非常にぴったりと当てはまります。
  
【何処を補強すれば車の要に叶うのか?】

『SEVはあえて、どうなると言う事は掲示していないですが、
 全く効果がなく理解できないから怪しい・・・、
  と言うのは理解できますが、

   車に負担・手間・時間を掛けないと言う事、
    効果は永久なので数年経っても再利用できる事、
      お試しが簡単と言う事

 疑問は試してから考えれば良いと思います。

コスパもあるでしょうし、何処まで求めるかも個人の価値観、
色々な事を踏まえて進めればよい事と思います。

一番はオーナーの困って居る事から
解決するのがベストアンサーになると思います。

SEVを付ける位置・個数・方法・種類で様々な点が改良され、
こう置くとこうなりますよ❣
今度はこっちに置くとこうなってと、

その中でご自分に一番良い物を取り入れれば良いと思っています。

IMG_3353

最高のパフォーマンス!

こんにちわ、こんばんわ!
お陰様でプレミアム Sブロック6 大変好評ですが
7月まで入荷待ちの状態です。

DSCF3581

先週は、通常版のストレスブロックを気に入って
頂いている、お客様の車両にも装着させて頂きました。

DSCF4135

今回は、二個をフロントのフレームに装着。

DSCF4134

残りの4個は、家に持ち帰り装着も出来るように車内に装着!

セッティング後、お客様に運転して頂きましたが。
今回もとても満足して頂けました。

まず発進がとてもスムーズ
装着してアクセルを踏んだ際の加速感の変化
乗り心地もより上質に!

今回はセッティング後、お客様の調子が悪そうだったので
お家で使っていただけるように4個取り外しました。

今月は山梨の別荘に行くという事なので
これからの感想が楽しみですね

SEV ステアリングリミテッドをより楽しめる!

こんにちわ、こんばんわ!
SEV トランスコア お陰様でお客様から
とても、好評です

DSCF4095

先日、WRX STIのお客様の車両に
SEV ステアリングリミテッドを装着

SEVステアリングリミテッド白背景

ステアリングの挙動や車体の動きは変わるが
何か物足りなかったようです。

その部分に追加したいSEVはこれですね・・・!

sev_trance_core_01

SEV トランスコア SEV製品の
電気系スペシャリスト
みたいな商品ですね

こちらがあるのと無いのとでは体感度もガラっと変わったりします。

一番の面白いと事はバッテリーのマイナス端子アース部分
こちらに装着するのがステアリングリミテッドと
非常に相性が良く感じますね。


乗り味に関しては無敵!に感じます(笑)

ステアリングリミテッド 追加したら
こちらも!試して頂きたいですね。

WRXのお客様もトランスコアは悩んでいるようなので
併用した際の違い、こちらもテストして頂きたいですね。

落ち着いてからの更新!

こんにちわ、こんばんわ!
日曜日は色々なお客様のSEV 談義で
とても盛り上がりました。

SEVステアリングリミテッド黒背景B

なかでも、ステアリング リミテッド

BMWの車両をお乗りのお客様で
奥様を陶芸教室に連れて行った際に
ステアリング リミテッドを装着し忘れたそうなのですが

いつも通っている道中、ここの路面も悪くなったわね!
と乗り心地が変わった事に気が付いたようです。

毎月の通る道なら尚更
変化もわかりやすいですよね♪

そして、当店で進化を続けている

DSCF4062

ゴルフ GTI クラブスポーツのお客様
今度は更にプレミアム Sブロック6を追加して
テスト走行を行ってみました。

DSCF4063

これ以上変化するのか疑問でしたが
やってみると更に化けるのが驚きですね

ご本人もとても満足されたようで
検討中のようです。

どちらの商品も快適な運転を
楽しみたい方にはベストですが!

プレミアム Sブロック 6は大変人気がある為
7月までメーカー在庫 欠品中です。

そして、当店でも発売以来
とても人気がある自動車系 SEV 製品 
SEV トランス コア

DSCF2870

こちらも 6月半ば位まで メーカー在庫欠品のようです。

SEV ステアリング リミテッドと相性がよいからですかね?

商品単体でも、とても面白い商品なのは
間違いないですが当店では、ハイブリッド車両の
お客様にとても人気がありますね!

DSCF4077

メーカー在庫欠品前に
店舗 在庫も確保出来ましたので

こちらも気になる方は
お早めにお試しくださいませ

色々な応用セッティングによる車体の変化
お客様にぜひ体感して頂きたいですね!

令和になって一週間です。

こんにちわ、こんばんわ!
ゴールデンウィークあっという間に過ぎてしまいましたね
当店は定休日以外営業しておりました。


DSCF4057

運転が快適になるSEVが連休中も人気がありましたね。

あるお客様は装着後に奥様からも乗り心地が良くなった!
と感想を頂いたり。

DSCF4060

常連のお客様は新たなセッティングを試してみたり!

DSCF4043

連休中は自動車系SEVを試された
お客様が多かったですね!

そして大変遅れましたが、
今元号でもSEV ドリームクエスト
よろしくお願い致します。

平成 最後の日はSEV ステアリングリミテッド

こんにちわ、こんばんわ!
SEV ステアリングリミテッドが発売されて
3週間も経つんですね 平成最後の月は速く感じました。

SEVステアリングリミテッド黒背景B

今回装着したお車はスバル インプレッサ!
平成 最後のお客様ですね♪


インプレッサ

こちらのお車にもT字配列で装着致しました。

インプレッサ 運転席

社長が助手席に乗り、ショートコースで
お客様と同乗走行を行ったようですが
装着してすぐに体感出来たようです。

インプレッサ ステアリングリミテッド


最終的なお客様からの感想になりますが

【エンジンのレスポンスが凄く良く
フロントサスの動きもとてもしなやかに感じた。】

SEV ステアリングリミテッド まだまだ色々と楽しめますよ♪

明日から令和!
本日で平成の最後となりますが


これからも
SEV DREAM QUEST INC を
宜しくお願い致します。

タイヤ館佐野でも、SEVステアリングリミテッド発売記念イベント!②

色々なお客様のセッティングを行ったため
2個目も作成しました。

こちらのアルファードのお客様は
以前SEV愛好していたが

IMG_9717

結婚・お子様誕生・・・と生活環境が変わり
更にお引越しで連絡が長らく取れなかったお客様で
家族用に買った、アルファードの乗り心地を改善したく

ご相談にお見え頂きました。

IMG_9718

車高調を入れ40㎜ダウン、更に大径タイヤ20インチ装着
そして、発進ももう少しスムーズにさせたい❣との要望


AL-R

乗り心地の点で何から…お薦めするか・・・?
とりあえずショックには、AL/Rを装着頂いているので一安心❣

ノーマル状態でどんな感じの車両様子か確認の為
助手席に同乗、走行中色々な状況を細かく訊き
乗り心地が悪いから、車高調を一番柔らかくし

その為、ウォッシュボードの様な路面でピッチングとワンダリングが
激しく車両姿勢が安定しないとの事

乗物酔いしやすい車になってしまいがち
ではボディー剛性とエンジン吹け上りが良くなるモノから
車体の振動を押させる製品からお試しを


IMG_9747
※お試しの為装着しやすい部分に仮装着してます。

先ずSEVストレスブロックをエンジンルーム側から基本位置の装着
リヤはDポストフロアーの最後部位に装備

エンジンレスポンスのチェック、吹け上り・音質・雑音、全てに変化
オーナー思わずニンヤリ(*^_^*)

今度はお一人で同じコースを走行して頂き
どうなったか印象を訊くと色々な事がかなり改善した様子
そして、フロントサスペンションがしなやかになる

SEVステアリングリミテッド白背景

最新のSEV:ステアリングLTDを装着、フロントの収まりが良くなり
更にエンジンが軽快になったとの事で

リヤサスペンション廻りを更にSEV製品で補強
リヤサスの追従性が上りどんどん良い方向にまとまってきた様子
此処でショックの減衰調整を1弾高めて貰い

そのまま再試運転
とっても良かったと・・・❢(#^.^#)v
なので同乗させて頂く事に

ファミリーユースのアルファードは決して飛ばす事ないのですが
普通の速度で直線もコーナーも次々と安定して走行して
路面が悪いのに路面のピッチングをスムーズに吸収して

超ご満悦の様子です。

今日の処は・・・とお帰りになりました。
 日曜の朝一番に、再度お越し頂きました(*^。^*)~☆

昨日の仕様がとっても良かったので先ず、ストレスブロックをお願い致します。
そしてトルク上げたいから、ラジエターNシリーズからいこうか迷っています。
 
IMG_6648

そしてSEVホイールが中古が余っているので
これでⒷディ補強を勧めたいのですが、etc・・・

先ず最近はボディー補強にSEVホイールはあまり利用していません。
何故ならパネル表面が固くなり、乗り心地を阻害する事の方が多いので
リーンホイスメント【車の骨格】に作用してくれるのは

SEV:Sブロック系・センターオン系・ダッシュオン系、RUN`S系製品で
車の要のAピラ-付近から固めると引き締まる。

でも悪路ではイナス力があるので乗り心地を
阻害しないので
乗り心地が保てます。
 
dash on f_02 (B)

だから今回はダッシュON F/2個を此処に装着
エンジンが前にあるのでトルクの上昇も感じるし
ストレスブロックと併用で乗り心地をもう一段高めてくれます。

ダッシュON/F2個をピラーガラスの蕎麦に配置して
エンジンレスポンスのチェックからはじめその変化を確認後試運転

IMG_9743

笑顔で戻って来て、
即SEVストレスブロックを昨日の
位置と大腿同じような位置の装着し
今後はオーナーが調整とテストを繰り返し

位置を決めていくと言う事に決まりました。

最後にもう一度オーナーと試乗、
ショックは昨日同様
一段硬めにしているのに不満もなく加速中の
変速時車両姿勢変化もなくなり

安定した姿勢を決め、路面の追従性も良くなり
サスペンションで上手く吸収して荒れた路面をトレースで来ている。
 

タイヤ館佐野でも、SEVステアリングリミテッド発売記念イベント!

こんにちわ、こんばんわ!
4月20日~21日にかけて タイヤ館佐野 様にて
SEV;ステアリングLTD体感イベントを行いました。

タイヤ館佐野_外観

回を重ねる事に内容がドンドン、
濃くなってまいりました(*^。^*)~☆


IMG_8234

土曜日、朝一番にお越し頂きました。
S660 はご予約いただいておりました。
プレミアムSブロック6を装着するかと・・・思いきや、(^_^;)>


IMG_9705

吸気排気をもっとパファーマンスを上げたい!との要望を
お聴きしていたのでTEST用SEV:プレミアムパワーアルチマを装着、
取付スペースが少ないのですが、

IMG_9704

吸気メインを前方【入り口側】にして、
フライリングはエアークリーナーの手前へ

装着していた、吸気ビッグパワーインテークは更にその前へ装着
使用前と、使用後でエンジンレーシング【空吹かし】
なかなか太いエンジン音に変貌

この後、排気側のパワーアルチマを装着して、
再度、装着後でエンジンレーシング【空吹かし】
レスポンス鋭く切れ味磨きがかかります。

IMG_9703

この状態から、SEVラジエター(RAD)を追加装着、
既にRAD/R1・R2+N1・N2、4個装備してあるのですが

装着位置を見直し、プレミアムRADx2を追加
同じ位置で、RAD/N1・N2【2個】入替テスト、
圧倒的な吹け上りが向上致します。

更に燃料系/SEVフューエルチャージ5modeを装着、
もう一段瞬発系に拍車がかかりました。
この状態で試運転して頂き、感想を訊くと
 
『とっても面白く、不満のあったフラットに加速中、
急にシストアップしその後加速できない現象に悩んでいたようでしたが。

トルク・パワー向上したことで、
その回転のままスムーズに加速してくれるようになった❣』
と大喜び頂きました\(*^。^*)/!

その後、S660に

IMG_9710

プレミアムS-BLOCK6を装着、基本位置、
コーナー4ヶ所を決めて遊星2ヶ所を色々な場所に
移動しながらBESTな位置を確認し

再度助手席に乗せて貰い同じコースでテスト、

このS660のリヤサスペンションは独立でとてもストロークが長く、
悪路の強いがアームが長いのでブレやすい。

それが、プレミアムSブロック6装着後は
コーナーリング中の車両姿勢が一層安定
路面のギャップも追従しながら、ロールアングルも変化する事無く
リヤのトラクションをスムーズに路面に伝え

コーナーを駆け抜けることが出来るようになり
橋脚の入り口出口のギャップも苦にする事無く
そのままの速度でクリアーできた。

ジャンプした車体は接地時、姿勢を乱す事もなく
一発で衝撃を吸収できる。

ノーマルサス・ノーマルダンパーの懐の深さが実感できた。

中間加速も一層吹け上りに鋭さが出来て、
パワートルクバンドが広がり、不満のあった個所は完全にスポイルされ
お客様満足度は最高なる結果をもたらした。